読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しあわせのかけら

書きたいことを自由に書こう

彼のもとに行くことへの葛藤

かんがえること

一回り近く年上で、遠方に住んでいる彼。

この二つの条件だけで

「本当にいいのか」とたぶん

誰しも思うんだろうなと思う。

 

自分ですら、

そう思うことは結構ある。

 

自分が小さいころから

父が闘病していた関係で

出身地から遠く離れるなんて

考えもしなかった。

 

闘病が終わって、亡くなってしまった後も

残された母のことを思うと

やはり、遠く離れるなんて全く考えていなかった。

 

そうやって今まで生きてきた。

現にいま、母の近くにいられて、

実際、母はとても落ち着いていて、

ここから離れていいのかと思うこともある。

 

でも、

アラサーにしてはじめて

自分が好きだと思えて、

相手も好きだと言ってくれる

そういう人に出会えた。

 

人を好きだと思えたのなんて

かなり久しぶりのことだった。

 

もしかしたら、

離れたことを後から後悔するかもしれない。

でも、行かなかったらもっと

後悔するかもしれない。

 

母は、

寂しくて泣くかもしれないけど

あなたの人生なんだから

思うように生きなさい

という。

 

思うように

生きてみようと思う。

 

桜流し

かんがえること

今日一日だけの公開みたいだけど

貼り付けてみる。

 


宇多田ヒカル - 「桜流し」(ヱヴァQバージョン)【24時間限定】

 

 

 

お母さんを思いながら

書いたんだろうか?

 

この曲を聴くと、逝った親のことが

鮮明に思い出されて

涙が流れてくる。

 

 

 

時間は流れていく。

 

当たり前のことなんだけど

その当たり前が

どうしようもなく、さみしく、つらいときがある。

 

 

プレゼントしたい本

お題

今週のお題「プレゼントしたい本」


完璧な親なんていない!―カナダ生まれの子育てテキスト

完璧な親なんていない!―カナダ生まれの子育てテキスト

  • 作者: ジャニス・ウッドキャタノ,三沢直子,Janice Wood Catano,幾島幸子
  • 出版社/メーカー: ひとなる書房
  • 発売日: 2002/08
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る

子育てハッピーアドバイス

子育てハッピーアドバイス



育児に行き詰まって
苦しい人に。